新しいテキスト

もうすぐで4月も終わり、教室前の公園の桜の木もすっかり新緑になりました。

よーく見ると緑色のさくらんぼが🍒

レッスンが終わると、ブランコに乗って帰る生徒さん、多数です😀

そして最近のレッスンの一コマ。ピアノアドベンチャーの導入が終わり、こちらのレベル1に進んだ生徒さん。

このテキストの最初は、前の本の復習から始まります。

強弱きごうのところ、フォルテ、ピアノ、メゾフォルテのところ。

言葉の意味はもちろんですが、あやふやなところは、もう少し時間をかけて復習します🎵

教室では、キーボードを使う時もあります。今回は、これとピアノを掛け合わせて復習しました。

フォルテ(大きな音で)の時は、ボリューム大で、ドレミファソと弾いて、

ピアノ(小さな音で)の時は、ボリューム小で。

それを今度は、ピアノで再現してもらいます。

ピアノで弾く時は、弾き方(鍵盤の下げ方)を指や耳でよく聴いてうまくコントロールしないと、音量に差がつきません。

最初は、「むずい〜」と言っていた生徒さん。

3回くらい試すと、大きな音、小さな音、くっきりと差をつけて音を出すことができました🎹

では、メゾフォルテ(やや大きな音で)は、どのぐらいの大きさで弾こうか?など、より細かく試していきます😀

最後には、生徒さん自身が理解して、できるようになったことに「よっしゃ〜👍」の一言🎶

皆さん新しい本になった時、ウキウキした顔をしているように思います。前の本を終えた達成感と、新たな本に気分も一心、次のレベルへまだまだ上手になれることがたくさんあります☺️

すぐにできる事、時間がかかる事、それぞれありますが、まずはご本人が

👧🏻「これができるようになった!」

👦🏻「これだけ、たくさん弾いて来たんだ!」など、前進していることを実感してもらえたらなぁと思います。

 

読んで頂き、ありがとうございます🌼

 

 

 

 

 

 

 

関連記事

  1. ご予約ありがとうございます

  2. 今年度もありがとうございました

  3. ミニ発表会に向けて